九州ウェブサイト大賞2007で入賞しました

2007年7月11日

総務省九州総合通信局と社団法人九州テレコム振興センター主催による
ホームページの今年度コンテストに我が「パノラマ風景写真で観光する大分県」を
応募していました 殆どがネットを使った大きな企業とか学校や自治体の応募で
パノラマンのように個人で応募する例は少ないようでした
本大賞は、九州内の自治体、観光協会、各種団体、企業、学校、個人等が
構築・運営しているホームページ等を対象に、先駆的な取り組みにより地域に貢献し
優れた実績を挙げているウェブサイトを表彰し紹介することにより、ホームページ作成技術の
向上やノウハウの普及を促すとともに、ウェブコンテンツの充実、九州の魅力ある情報発信の
強化とICTの利活用を促進し、地域経済の活性化を図ることを目的として実施するものです。
観光・文化、地域コミュニティ、ビジネス、行政サービス、学校・教育などにおいて優れた
ウェブサイトを募集します。

表彰式が熊本市の「くまもと県民交流館パレア」で開催され
パノラマンも授賞式に参加のため出席いたしましたので 紹介いたします。

10階のパレアホール入口
熊本大学教授 山中守氏の審査委員長講評

表彰式

「パノラマ風景写真で観光する大分県」が頂いた表彰状

審査員講評
大分県在住のアマチュアカメラマンが撮影したパノラマ写真等を紹介しているサイト。
個人が運営しているサイトとしては数多くの写真を使った情報発信や平面で立体画像を
見られる手法を掲載の写真に取り入れる試み、グーゲルアースとサイトの写真との
連動を試みる等の独創性がある取り組みが高く評価された。
約6年間にわたり撮影した大分県内の風景写真約30万枚から厳選したものをサイト上に掲載し、
居ながらにして大分県内の風景を堪能できるのが特徴で、パノラマ写真に加えて立体写真もあり、
サイト管理者がICTを上手く活用し、実に楽しんでいる様子が伺える。
発想がユニークで独創的で地域性に富んだ写真も豊富であることから訪問者も多く、
地域のPRに貢献している。
総ページビュー:約200,000PV以上(一月当たり)
訪問者数:約18,000人(一月当たり)


最優秀賞は「ブログふくおか よかよか」で社長の植木氏による
プレゼンテーションや質疑応答などがありました


久しぶりの熊本ですので 熊本のホテルに宿泊し 翌日熊本市内のステレオ3D風景を撮影

  



ホームへ戻る