パノラマ大分の表紙へ戻る  竹田市の表紙へ戻る  九重町の表紙へ戻る

冬のくじゅう連山を周辺各地から撮影

くじゅう連山は九州の屋根です 九州アルプスとも呼ばれています
九重連山は中岳(1791m)を最高峰に、1700m以上の山7座を有し 大分県の竹田市久住町、
由布市庄内町、玖珠郡九重町(ここのえまち)一帯に広がる山群の総称です。
阿蘇くじゅう国立公園内にあり、四季を通じ観光客が訪れる一大リゾート地です。
冬のくじゅう連山を竹田市と九重町の各地から撮影してみました

竹田市久住町から撮影したくじゅう連山 一番左が扇ケ鼻です。

冬の高原で凧上げの動画(風が不安定です)

下の各写真をクリックして大きな写真でご覧下さい。

騎牟礼城阯から左に阿蘇右にくじゅう連山を

騎牟礼城阯から望遠でくじゅう連山を

久住町から

久住町のバイパス通りから

国道442号線から眺める

星ふる館前から

松並木と雪景色

久住ワイナリー前

ワイナリーのブドウ畑とくじゅう連山

ガンジー牧場とくじゅう

久住高原から傾山・祖母山や阿蘇を眺める

くじゅう周遊道路

スポーツ研修センターから

三船温泉付近から

芹川沿いの長湯温泉街とくじゅう連山を丸山公園から

九州アルプスを眺める

ガンジーファーム

雪のくじゅう

雄大な九州の屋根くじゅう連山

久住町とくじゅうの山並み

あざみ台からくじゅうを

久住高原荘とくじゅう

九重町から眺める冬のくじゅう連山

朝日台から黒岳やくじゅう連山を眺める

朝日台から2

高原の畑3

冬の飯田高原

長者原から眺める三俣山と硫黄山の噴煙

冬長者原2

雪の長者原

冬の三俣山と硫黄山




ホームへ戻る